中学生が飲んだら身長が伸びる?既に手遅れといううわさも・・・

成長期サポートグミサプリ「セノッピー」は幼児から小学生にかけて食べさせる親が多いため、セノッピーを中学生に食べさせても役立つのかと心配している人も少なくありません。

子供が中学生になってから「他の子と比べて我が子は身長が低い」とか「成長スピードが遅いような気がする」など、問題点に気づいてセノッピーを食べさせようと思っているかもしれません。

なお、低身長の原因が判明しているケースとしては、成長ホルモンや甲状腺、ターナー症候群、SGA性低身長症などの病気がありますが、あくまでも例外的です。
大半は遺伝や成長過程の生活習慣が原因などといわれており、身長を伸ばすための具体的な対策もわからない状況です。

子供のためにできることは何でもしたいと思いたくなるでしょうし、セノッピーの摂取自体は簡単ですから、今すぐにでも食べさせたいと思うのは当然でしょう。

それでは、セノッピーを中学生が食べても、身長や体重などへの効果はあるのでしょうか?

身長や体重などに反映されるかという点で言えば、学年や性別によって大きな差が出てきます。

女子の場合、成長が終わるのが中学卒業前後(15歳前後)が平均のため、カラダを大きくしたいというのであれば、一刻も早くセノッピーの摂取を始めたほうがいいです。
一方、男子の場合は成長のピークは中学から高校にかけての時期(16歳前後)のため、卒業間際からセノッピーを始めてもなんとか間に合うかもしれません。

このため、中学生の中でも、比較的早いうちにセノッピーを飲み始めたほうがいいですね。
人生の中でも中学生の3年間というのはカルシウムが最も必要な時期のため、セノッピーなどでカルシウムなどの栄養分を補給することは効果的です。

また、身長や体重を増やすというだけでなく、筋肉を増やしたり、関節などを鍛えて身体能力を高めるためにセノッピーを活用するのであれば、高校生以降に摂取しても構いません。

男女ともに高校生になると、体の成長は落ち着きますが、筋肉などを鍛えるのに体内のエネルギーや栄養分が使われるようになります。

このため、スポーツなどではウェイトトレーニングを本格的に行うことが一般的です。
小学生や中学生が筋トレをすると、体の成長が不十分になることから、逆効果として警告している研究者もいます。

カラダを丈夫にするための栄養素を補給するためにセノッピーを食べても構いませんし、HMBやBCAAなどが含まれたサプリや健康食品なども効果的です。
大人の体になることを意識しながら取り組むといいでしょう。